いしはら明珠

もう!陰陽五行ばっかりやんかっ!

初めまして。

あなたの貴石、磨き方指南します

いしはら明珠(めいしゅ)です。

 

 

18歳で大阪に出てきて、

天職は食に関すること!!と

どこに行っても言い切ってしまう私。

 

 

飲食店を始める夢は

今でも叶えようと思っています。

そんな私が占い師に?

 

 

占いってどんなイメージがありますか?

怖い?胡散臭い?不思議?楽しい?

 

 

なんとなくふわっと、

触ったりつかんだりできないような

イメージじゃないでしょうか?

 

 

私も最初はそうでした。

 

 

私は元々食を生業にして

生きてきた人間です。

 

 

毎日の欲求や空腹を満たす実用的な世界、

 

なくては生きていけないし、

そこはかとない

エンターテイメント性のある世界です。

 

 

自分でお店をやろうと決めてからは、

娯楽性の部分をあげるために、

迷った二つの道があります。

 

 

一つは薬膳、もう一つは精進料理

 

 

どちらも魅力的な世界であり、

極めれば文化の継承にも関われる。

 

 

お店に食べに行ったり、

本などで勉強したりするなかで

私が選んだのは、薬膳でした。

 

 

中医薬膳学に加えて、

韓方式、それに日本民間療法かじり始めると、

 

 

旬(四季)と生活様式、

気候風土にくわえ出てくるのが

 

 

『陰陽五行』でした。

 

 

 

木火土金水

 

 

この5つの性質と

 

 

酸辛甘苦鹹

 

 

5つの味を軸に食材を組み合わせて、

症状に合わせたり季節に合わせたりして

体調管理をしていくわけです。

 

 

余談ですが、

 

その昔

フランス語を勉強しようと思い、

 

 

単語を覚え始めたとき名詞が

男女に分けられてることを知り、

 

 

確実な規則がないから

全部覚えないといけないと言われ、

 

 

無理!!と

なった経験があります(笑)

 

 

そんな私が

食材全部分けて憶えられるか!!と思いつつ、

 

 

半ベソかいて

この5つ縛り(五臓・五腑など)をせっせと・・・

 

 

まぁ全部は憶えられなくても・・・

理屈は理解したわけです

 

→好きってすごい!

 

その後いろんなことがあって、

自分が占い師になるために

東洋占星術を勉強し始めると、

 

 

ほとんどがこの陰陽五行で

支配されていました・・・。

 

 

 

おかげで、決して順調ではない勉強も

助けられることもしばしば。

 

 

きっかけはなんであっても、

気になることをとことん勉強することって

意味があるんですよね。

 

 

ちなみに私の中の占いの位置づけは、

命占は立派な学問!

 

 

医学や心理学に並ぶような

立派な学問だと思います。

 

 

じゃあ、占い師のお仕事は?

 

それはまた次の機会に(*^_^*)

 

あなたの貴石、磨き方指南します

いしはら明珠

The following two tabs change content below.

最新記事 by ほしよみ堂大阪ほしよみ堂 (全て見る)

 >  占いの現場「事実は小説より奇なり」というお話①

ページトップへ