いしはら明珠

こんな時代だから仕事の見直しなのか?

あなたの貴石、磨き方指南します

いしはら明珠です

 

 

 

大阪ほしよみ堂に所属して

早半年が過ぎました。

 

 

7月から日曜日も

鑑定を受付けることになりましたが、

提案したのはこのわたしです。

 

 

大阪ほしよみ堂のオーナーの

中臣ひとか先生に鑑定を受けていた頃

 

 

20時以降の予約が

詰まっていることが多く

お仕事帰りの人も多いかと思ったわたしは、

 

 

19時半には受付が終了すると

困る方もおられるのではないかと

そう考えたからです。

 

 

お休みが土日だったら

どちらかに来られると思い、

 

 

定休にしていた日曜日に開けることを

提案しました。

 

 

そんな思考回路のせいか

私の担当する案件は

お仕事に関することが多い。

 

 

業界は様々ですが、

転職や

職場での人間関係の悩みは

尽きません。

 

 

生まれ時間まで分かれば

紫微斗数でみることができるため、

 

 

適職や運気のながれまで

みることができます。

 

 

また、九星気学では

傾斜で適職をみることができます。

 

 

とはいえ、

適職や転職かは

そんな単純でもなく

 

 

例えば

チーム力が必要な職種なのに

部下運が弱いと

 

 

チームとして引っ張るより

懐の深い上司の下で働いたほうが

特性を生かせたり成長できたりもして

 

 

最終的に

自分のスキルやモチベーションも

上がるわけで

 

 

楽しく仕事できるという意味では

その方が仕事運も上がっていきます。

 

 

また、部下運が悪くても

自分のスキルをあげることで

解決もできます。

 

 

占いはそういうプロジェクトを動かしていく

ハード面の指標としての

活用もあるのです。

 

 

職場の人間関係で悩んでいる人にも

環境に恵まれないタイプと

転職を促すタイプの事案があって

それも個人差。

 

 

どうせ転職を視野に入れてるのなら

運気のながれのよいときに

動いたほうがいいですよね。

 

 

命盤見ながら思うままをお伝えしてるときに

ふと自分の進もうとしてる道を

言い当ててしまい

 

 

気が晴れる方もおられて

命術の奥深さも感じながら

鑑定させていただいています。

 

 

もし、占いに行きたいけど

躊躇しているのなら

まずは最短受付時間でお申し込みください。

 

 

鑑定の予約が入っていない限り

その場で延長も可能です。

 

 

大阪ほしよみ堂は

年末12月30日まで

受付しております。

 

 

新しい年はすっきりと。

心のデトックスに!

 

 

あなたの貴石、磨き方指南します

いしはら明珠でした。

 

 

The following two tabs change content below.

いしはら明珠

名前は『掌に明洙あり』という仏教用語から、人は皆光る石を持って生まれてきているという意味。 私の特技は人の強みを見つけること。子ども時代に見たヒーローの影響で人様のお役に立てるよう生きたいと願ってきました。

 >  壱凪先生が大阪ほしよみ堂で対面鑑定をスタート!

ページトップへ