中臣ひとか

恋愛相談⑧片方がシングルの場合の 不倫に対する占い活用法

ほしよみ堂大阪駅店

オーナー中臣ひとかです。

 

占いをもっと気軽に!

 

恋愛相談⑦のお話の続きです。

 

「それが・・・

あの後、先生のアドバイスどおり

彼女を食事に誘うためにLINEをしたんです。

 

 

そしたら途中で既読スルーされてしまい

その後、一度だけ送ってみたけど未読のままで。」

 

 

「最後に送ったLINEはいつですか?」ひとか

 

「1週間前です。

この状態で彼女の気持ち、今後の展開は

わかりますか?」彼

 

「はい、占ってみましょう。」ひとか

 

タロットを斬りました。

前回にも増して無残な結果。

 

タロットを見つめながら

 

「これは彼女との進展は、

ありえないということですね。」彼

 

「わかります?そういうことになりますね。」ひとか

 

「先生の占いは当たりましたね。

こうなることを、わかっていたんですよね?

ネットで先生の占いが恋愛について当たると書いてて。

占いって当たるんですか?」彼

 

「どうなんでしょう。

ですが私は当てるために

占っているわけでもないので。」ひとか

 

「でも最初から彼女とうまくいかないこと、

離婚しない方がいいことは言い切りましたよね。」彼

 

「それはタロットとオラクルの結果が

はっきりとそうでていたのと、

彼女とあなたの宿命の両方から

そう読み解けたしね」ひとか

 

「先生じつはね、あのとき、ほかの占い師さんにも

同じことを占ってもらってたんですよ。

 

彼女のことが、どうしても気になって。

どうしたらよいかわからなくて。

 

占いで彼女の気持ちって、わかるのかなって。

初めて占いというものを利用しました。」彼

 

「へぇ、そうだったんですね。それで?」ひとか

 

「その占い師さんが言うには

彼女は僕のことが好きだと。

 

結婚したら、とてもうまくいく相性というか、

彼女は僕とでなきゃ幸せになれないと。

 

でも離婚しないと、

そうはなれないと言われて。

 

半信半疑で、

また違う占い師さんにみてもらったけど。

 

そのときにも相思相愛で

結婚する運命だと言われて。」彼

 

「それでも信じきれなくて、私のとこに?」ひとか

 

「いや、もうあのときには、

その前の占い師さんたちの言うことを

信じかけてたから離婚を決意してたわけで。

 

それなのに、

先生にまったく真逆のことを言われて。

 

だから、

あのとき何度か

同じようなことを先生にたずねたんだけど。

 

恐ろしいほど無残な結果ばかりで。

 

離婚はしない方がいいとまで言われて。

 

納得がいかないような、

たしかになと思ったりで。

 

結局、先生の占い結果どおりになって。

 

今も、今後も先がないってことなんですよね?」彼

 

「そんなことがあったんですね。

だったら納得いかなかったでしょうね。

 

この先も・・・

そうですね、見込みはないというか。

 

信じるかどうかはわかりませんが、

あのとき、占い結果から

 

私があなたに伝えないといけないと

本当に感じていたのは、ただ一点。

 

離婚してはいけない。

 

奥様との縁を大事にした方がいいということ。

 

それこそ、

あなたを見守る方達から離婚させないでって

言われているような気がしたのです。」ひとか

 

「そうだったんですね。

そう言われたら、今となっては、

そうなのかもしれないとも思えます。」彼

 

そんなやりとりから

彼はときおり

私の鑑定を受けてくださるようになりました。

 

そして、

 

「あのとき、離婚しなくて本当によかった。

ありがとう。」

 

とおっしゃっていただいたのは、

初めての鑑定から2年後くらいかな。

 

少しご病気をされ、

その間、奥様に支えられたと

ご報告にいらしてくださいました。

 

 

あのときの占い結果が

まさか、そんな風につながるなんて

というお話でした。

 

占いをもっと気軽に!

 

ほしよみ堂大阪駅前店オーナー

中臣ひとか

The following two tabs change content below.

 >  金運をあげる!ってどういうこと?

ページトップへ