中臣ひとか

占い現場「事実は小説より奇なり」というお話⑩~LGBTの悩みが愛にかわる瞬間

ほしよみ堂大阪駅店

オーナー中臣ひとかです

 

 

占いをもっと気軽に!

 

占いの現場では
さまざまなご相談にお答えしています。

 

例えばLGBTの方々の恋愛相談。

 

 

今回もじっさいの鑑定から

 

LGBTの方のお悩みが
たくさんの愛を感じる気づきに変わる瞬間

をつづっています。

前回はこちら

 

中学から女子校だったので
男性と関わる時間というのが
若いころはあまりなく

 

 

学生のころに言い寄ってくる
男子のことは、
みなバカにしていたんだとか。

 

 

 

 

Kさんのお話から命術が示す宿命が
明確になっていきます。

 

 

そこで、

先ずは旦那さまとの縁について
こうお伝えしてみました。

 

ひとか「旦那さまとは相性が特別によかったことと
深い縁であったからこそ
結ばれたのだと思います。

 

旦那さまから

Kさんは異性を受け入れること
異性が本当はとても頼れる優しい存在であることを
知ることができました。

 

そのことにより

自分が幼少期に受け取った
お父様との関係性に変化が起こっているはずです。

どうでしょう?」

 

 

Kさん「そうなんですよね、

じつは結婚してから父親に対して、

え?こんな人だったの?

と思うことが多くて。」

 

 

ひとか「冷たい人だと思っていたら

本当はすごく優しい人なのでは?

と思うようになっていませんか?」

 

 

Kさん「そうなんです。

でも葛藤があって、そう認めるのに随分と
時間がかかっていて。

そんなことを親友の彼女に

ずいぶんと支えてもらって
今があります。」

 

 

ひとか「そうだったんですね。」

 

 

Kさん「旦那さんにはホントは最初から
異性を感じなかったんです。

 

だからこそ

受け入れられたのかもしれせん。

 

男性らしすぎず、どちらかと言えば
女性っぽいくらいで。

 

気がつけば一緒にいたというか
結婚も当然の流れだったけど。

 

いま思えば、
異性に対する期待もなく。

 

旦那さんだけが
異性として大丈夫な存在で
彼はわたしがしたいようにさせてくれて。

 

そんな彼と接するうちに

男性ってこう!って

決めかかっていたのは
自分かもしれないと気づくこともあって。

 

そう考えると
父親から受け取っていた
男性のイメージってなんだったのか?

 

どこかで父親に対して
愛されていないと勝手に思い
反発していた自分がいたことにも気づいて。」

 

次回につづきます。

 

 

どんな些細なお悩みも
お話にいらして下さい。

 

具体的アドバイスが必要な方も。

 

対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定でも
ベストな方法でお会いしましょう。

 

 

占い好き、占い師を目指す人、

キャリアアップを目指す占い師の方のための

愛される稼げる占い師育成レッスン

もやっています!

 

 

占い師向けブログはこちら

 

 

これからも占いが
ひとりでも多くの方の人生に役立ちますように
情報発信していきます。

 

占いをもっと気軽に!

 

line@: https://lin.ee/12KzM2xaj

Twitter:https://twitter.com/osakahoshiyomi

Facebook:https://www.facebook.com/osakahoshiyomi/

 

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-1-3-200
大阪駅前第3ビル2階 20号
080-5670-8497

 

Twitter◆

◆電話占いヴェルニ◆

◆ほしよみ堂オンライン鑑定◆

 

ほしよみ堂大阪駅前店オーナー

中臣ひとか

 >  今日の占い🔮乃あるの感字『婦』

ページトップへ