中臣ひとか

占い現場「事実は小説より奇なり」というお話⑬~LGBTの悩みが愛にかわる瞬間

ほしよみ堂大阪駅店オーナー

中臣ひとかです。

 

 

占いをもっと気軽に!

 

占いの現場では
さまざまなご相談にお答えしています。

 

例えばLGBTの方々の恋愛相談。

 

 

今回もじっさいの鑑定から

LGBTの方のお悩みが
たくさんの愛を感じる気づきに変わる瞬間

をつづっています。

 

前回はこちら👈🏼

 

Kさん「二人ともに幸せになってもらいたい。

どちらもわたしにとって、かけがえのない存在だから。

幸せでいてほしいです」

 

ひとか「そのためにKさん自身が

二人になにができると思いますか?」

 

Kさん「どちらとも一緒にいること

そう望まれているし

わたしも、そうしたいと思います」

 

ひとか「彼女はKさんが

結婚していることを責めていません。

彼女自身が自分の幸せを結婚せずに

Kさんといることだと決めているんです。

旦那さまは彼女の存在を知っていますか?」

 

Kさん「はい、親友だと紹介していて。

旦那さんからも彼女は慕われています。

自分の乗れない相談は彼女が

担ってくれていると知ってるので

彼女は旦那さんからも

わたしを頼むと言われています」

 

そこで、

 

ふと感じるものがあったので

旦那さまの気持ちについて

タロットを斬ってみました。

 

 

 

ひとか「もしかしたら、

旦那さまはKさんと彼女の特別な関係を

気づいているのかもしれないですね」

 

Kさん「そうなんですか?」

 

ひとか「あくまでも占いなので…

真相は本人に確認しないとわかりませんが。

彼が知っていても容認しているとしたら

どう感じますか?」

 

Kさん「なぜ?彼女だからいいのかな?」

 

ひとか「もちろん、それはありますね。

彼の中で彼女ならという信頼があるから。

でも、これも占いによる推測ですが、

もしかしたら彼自身にも

同性のパートナーもいるのかもしれません。

つまりKさんと旦那さまは、

それぞれ同性愛者というよりも

バイセクシャルではないかと思います」

 

 

Kさん「わたしも彼もバイセクシャル…。

でも、たしかに彼から子供ができてからは

求められることも減ってるし。

ホントにそうなのかもしれませんね。

でももしも、

そうならなんだか気が楽になりました」

 

ひとか「あくまでも、ひとつの可能性です。

もしもこの先、

旦那さまのお相手も良きパートナーなら

だれもがドロドロせずに進めるような気もします。

とにかく、

Kさんが旦那さまを大切に思うように

旦那さま自身は家族としてKさんを

愛していることには、かわりはありません。

旦那さまは責任を果たす人だと思うから。

これは私個人の意見ですが

本当によい旦那さまだと感じるので

大切にしてほしいなとは思います」

 

Kさん「はい、

旦那さんのことはもちろん大切にします。

でも彼女のこともいいんですよね?」

 

 

次回につづきます。

 

どんな些細なお悩みも
お話にいらして下さい。

 

具体的アドバイスが必要な方も。

 

対面鑑定、電話鑑定、オンライン鑑定でも
ベストな方法でお会いしましょう。

 

占い好き、占い師を目指す人、

キャリアアップを目指す占い師の方のための

愛される稼げる占い師育成レッスン

もやっています!

 

占い師向けブログこちら👈

 

これからも占いが
ひとりでも多くの方の人生に役立ちますように
情報発信していきます。

 

line@: https://lin.ee/12KzM2xaj

Twitter:https://twitter.com/osakahoshiyomi

Facebook:https://www.facebook.com/osakahoshiyomi/

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-1-3-200
大阪駅前第3ビル2階 20号
080-5670-8497

 

Twitter◆

◆電話占いヴェルニ◆

◆ほしよみ堂オンライン鑑定◆

 

占いをもっと気軽に!

ほしよみ堂大阪駅前店オーナー

中臣ひとか

 >  今日の占い🔮乃あるの感字『婦』

ページトップへ