いしはら明珠

あくまでも個人の感想です-四十代身につけておきたいこと-

あなたの貴石、磨き方指南します

いしはら明珠(めいしゅ)です

 

 

 

 

前回、三十代の方への

メッセージを記しましたが、

今回は四十代の方へ。

 

 

論語の『不惑』では、

かの孔子は

三十にして立つ

といったそうです。

 

 

四十代のわたしたちが

身につけたい大人の

たしなみのひとつに

『自立』というのがあります。

 

 

あなたは自立ときいて

どんなイメージをもちますか?

 

 

経済的な自立

精神的な自立

生活を自立させる

 

 

いろんな形をイメージするでしょう。

 

 

単に誰の力も借りずと

いうのではなく

 

 

周囲の助けも

じょうずに借りられることも

自立のめやすだと

わたしは思います。

 

 

え?自立の定義ってなに?

 

 

そんなふうに不安になる人も

いらっしゃるでしょう。

 

 

ひとつひとつあげていけば

キリはないし

意見の相違はあるでしょうが、

 

 

たとえば

身の回りのことができること

感情のコントロールができること

 

 

たまには

だれかを感激させられるような

サプライズも企画できたり、

 

 

経済的なことも含めて

だれかをあてにしたり

誰かのせいにしなくなること。

 

 

そのうえで

あるがままの状況を受け入れつつも

 

 

もっと幸せになるためには

なにをしたらいいのかを

 

 

想い描ければ

なかなかの

達人なんじゃないでしょうか?

 

 

孔子様のように

三十に自立は無理でも

 

 

四十代の間には

ぜひ、そこを目指してみると

肩の力を抜いていける気がします。

 

 

じぶんの身の丈を知り

じぶんの伸びしろを信じる。

 

 

残り半分の人生を

謳歌するために。

 

 

応援しています。

 

 

あなたの貴石、磨き方指南します

いしはら明珠でした。

The following two tabs change content below.

 >  金運をあげる!ってどういうこと?

ページトップへ