いしはら明珠

人間同士のズレをなおせば消える悩みがある

あなたの貴石、磨き方指南します

いしはら明珠です

 

 

ご相談いただく案件が

圧倒的に仕事が多い私。

 

 

特に特化した

プロフィールというわけでもないのですが、

 

 

人間関係は配置、戦略など

多いですね。

 

 

わたし自身、業種柄

正社員にはならずに

時給計算の給与をもらいつつ、

 

 

店長の補佐的な仕事や

新人育成の仕事をずっとしてきました。

 

 

実に30現場。

 

 

雇われる側でありながら

雇う側の仕事をしてきましたが、

 

 

実際入る現場は問題の多く

人の続かない職場で

改善することが主な仕事になってきました。

 

 

人が続かないことの多くの原因は

雇う側と雇われる側の

認識のズレ。

 

 

待遇や環境という

一番大きな影響を及ぼすところです。

 

 

コロナ禍で職を失った人も多く、

雇用の確保が容易になったとはいえ、

 

 

やはり条件の悪い職場には

人は定着しません。

 

 

つい、数年前まで

仕事を辞めるといえば

 

 

周囲が反対し、もう少し頑張れと

我慢が足りない人の様に

言われることが多かったと思いますが、

 

 

今は、劣悪な環境下で

自死される方もおられ、

一概に本人の甘えとは言えない状況も

あるわけです。

 

 

生きること以上に

大事なことがあるんでしょうか?

 

 

私は今までの経験上、

根本的な対策を練らない限り

状況は変わらないということを

知っています。

 

 

逆に人事の入れ替えや

新しいルール作りで改善された職場も

たくさん見てきました。

 

 

それぐらい問題は単純で根深いのです。

 

 

ともかく人が続かない

それに伴い業績も下がってきている職場に

入ったときの話です。

 

 

原因とされてる店長との雑談の中で

彼が放ったひとこと。

 

 

「働かせてもらってることに感謝がない」

 

 

なにが違和感なのか

あなたは気づきましたか?

 

 

それって

雇う側が思うことじゃないですよね?

 

 

そんなふうに思ってるから

扱いがぞんざいになる。

 

 

それと同時に雇われてる側も

「働いてあげてるのに感謝しろ」

も違いますよね?(笑)

 

 

給与というのは労働の対価。

また仕事の評価です。

 

 

それ以上もなくて

それ以下でもない。

 

 

そのうえで

協力したり

気遣いあったり

労ったり

 

 

そういう過程の中で

チームワークや信頼関係が

成り立っていくわけです。

 

 

人に愛情をかけて育てても

すぐに辞めてしまうとお嘆きの経営者の方も

多くおられるでしょう。

 

 

一旦フラットな視点で

「人」をみてみましょう。

 

 

人とは感情の動物で

利害関係を主とする生き物です。

 

 

ですから、

彼らのニーズと提供しているものが

ちゃんと一致しているか

よく考えてみましょう。

 

 

また何をやっても続かない人は

あなたのニーズをかなえてくれる職場が

現実的なのか?

自分のスキルが見合っているのか?

 

 

一度、考えてみましょう。

 

 

そうすれば

おのずと明確な答えが

出てくるのではないでしょうか?

 

 

人は『財』です。

 

 

仕事があるというのは

本来とてもありがたいことだということも

忘れないでくださいね☆

 

 

あなたの貴石、磨き方指南します

いしはら明珠でした。

 >  今日の占い🔮乃あるの感字『背』

ページトップへ