壱 凪

易の八卦

こんにちは。
癒しへの案内人 

大阪ほしよみ堂の壱凪です。

 



私は易占いを得意としているのですが、これから易占いで用いる64の卦(け)について解説していきたいと思います。

その前に基本の八卦から。

「八卦」という言葉を聞いたことはあると思います。

「八卦」とは、自然を表す8つの言葉です。

1.(けん)・・・天

2.(だ) ・・・沢

3.(り) ・・・火

4.(しん)・・・雷

5.(そん)・・・風

6.(かん)・・・水

7.(ごん)・・・山

8.(こん)・・・地

 

乾は、一番勢いが強くて男性的です。強すぎるくらい。

父親を表します。

天が万物を創造し、活動させる卦です。

 

兌は、乾の強い気を少し軟化させる卦です。

沢なので水場と関係します。

 

離は、火や日をかたどる卦です。

明るい物や情熱を表します。

離は「付く」といういう意味にも取るので、

引っついたり離れたりすることも意味します。

 

震は、万物を奮い立たせる卦です。

雷なので、電気のほか音の鳴るものにも関連します。

 

巽は、風であらゆるものを吹き飛ばします。

風といってもそよ風などではなく、砂漠に吹き荒れる、砂を巻き上げた風です。

不安定な状態を表します。

 

坎は、水が万物を潤す卦です。

こう言うと良さげですが、坎は艱難を表し、ちょっとしんどい卦が多いです。

 

艮は、山がどっしりと構えて万物を止めているという卦です。

不動のもの、安定、阻止などを表します。

 

坤は、受容を表し女性的です。

地が万物を包み込み育成する卦です。

家庭では母親に当たります。

 

簡単に説明するとこんな感じです。

八卦×八卦で六十四卦となります。

 

一見難しそうですが、なかなかおもしろいですよ😊

 

The following two tabs change content below.

壱凪

最新記事 by 壱凪 (全て見る)

 >  【4/9更新】出演動画とりまとめ

ページトップへ