釈修歌

西洋占星術☆四大元素を使ってタイプを見てみる

こんにちは。

 

明鏡止水、

貴方の気持ちを晴れやかに致します!

 

釈 修歌(しゃくしゅうか)です。

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

西洋占星術

四大元素を使って

タイプを見てみる

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

西洋占星術で作成した

 

ホロスコープの

自分の惑星が

何座なのか

 

その星座を

四つの元素に例えて

 

人の持つ要素を分類

することが出来ます。

 

・火のタイプ

牡羊座、獅子座、射手座

 

・風のタイプ

双子座、天秤座、水瓶座

 

・水のタイプ

蟹座、蠍座、魚座

 

・地のタイプ

牡牛座、乙女座、山羊座

 

色んな要素が

入っている人や

 

偏っている人と

様々ですが、

 

簡単に

四つの元素の特性

を説明すると

 

火→情熱的で野心家

風→知性的で自由奔放

水→感情豊かで情緒的

土→現実的で努力家

 

勿論、星座によって

それぞれ特徴はあり

 

どの惑星がどの星座なのか

 

どのハウスに入って

どんな角度を

形成しているのか

 

詳しく見るなら

重要になってくる

要素が多々ありますが。

 

今回は、四元素に的を

絞っているので。

 

簡単に

イメージがしやすいと

思います。

 

私の例ですが、

主な惑星

(太陽、月、水星、金星、

星、木星、土星)

とアセンダントから

見ると

 

火が2つ

水が4つ

地が1つ

アセンダント、水

 

ほぼ水ですね。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アセンダント↓

(出生時間と出生地が必要で、

生まれた時に東の空に登っていた星座。

第一印象や資質を表します。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ここから判断できるのは、

 

行動力はあるんだけれど

どちらかというと

直観や感覚重視で、

感情に流されやすい

タイプと言えます。

 

地の要素が弱いので、

コツコツ努力してって

いうのはちょっと苦手。

 

実際

パッと結果が分からないと

嫌なタイプです(笑)

 

なのでここは

自分でコントロール

 

好きになったらまっしぐら!

 

そこに対する労力は

全く気にならないので

 

自分なりのやり方で

努力する。

 

自分のかけてる部分を

持っている特性で補う。

 

どう捉えたら

無理をしてる感覚なく

 

上手く進めるのか

思考の変換をしています。

 

それは自分の特性を

理解しているから

出来る事だと思います。

 

気になる方は、一度鑑定に

いらしてくださいね。

 

悩み相談だけではなく

もっと気軽に占いを

活用してほしいと思います。

 

個人的目標は、

ちょっとお茶してくると

同じような感覚で

 

ちょっと占い行ってくると

なればいいなぁ

とイメージしています。

 

占術について興味がある方は、

是非、

大阪ほしよみ堂

オーナー 中臣ひとか先生

西洋占星術講座

を受講してみてください。

 

本当にわかりやすく

実用的に

レクチャーしてくれます。

 

自分を知り、

これからの未来

役立てましょう。

 

大阪ほしよみ堂で

お待ちしています。

””””””””””””””””””””””””””””””””

釈修歌へのご依頼は、

電話にてご予約下さい。

メール鑑定も受け付けております。

ホーム画面の料金案内から

ご依頼ください。

”””””””””””””””””””””””””””””””””

 

釈修歌のアメブロワンオラクル毎日更新☆

ぜひ覗きに来てくださいね!

アメブロ↓

https://ameblo.jp/shukashaku/

Twitter↓

https://mobile.twitter.com/shukashaku

釈修歌 対面鑑定はこちら↓

https://osaka.hoshiyomido.com/#concept

電話鑑定 ヴェルニはこちら↓

https://vernis.co.jp/show.php?idcode2_e=jjTTTTpjuTTp

☆大阪ほしよみ堂☆

〒530-0001 

大阪府大阪市北区梅田1-1-3-200

(大阪駅前第3ビル2階 20号)

The following two tabs change content below.
明鏡止水、邪念の無い澄み切った心で貴方を癒します。心の奥底に溜まった物は吐き出してしまいしょう。

 >  勇気を出して彼のアソコを触るのよ。優しくなでるもよし。がっちり握るもよし。 

ページトップへ