戯暮思

九星気学 八白土星の特徴や意味 ~星のイメージをしてみよう~

開運*改運*快運につなぐ

戯暮思(ぎぼし)です。

 

 

 

一白水星の次は二黒土星じゃないの?

と思いました(笑)??

 

今日は八白土星をお伝えします。

私の考えは流れで覚えたほうが解りやすい。

上の盤のように、一白水星から

時計回りで進むと

冬(北)から春(東)~夏(南)~秋(西)~冬と

回っていきます。

 

 

だって九星がもともと持つ意味や性質に

照らし合わせてイメージすることが大切で

 

 

種をまき 芽がでて 実をなし...みたいに

流れるのが、

種をまき 実がなり 若葉がでて...では

解りにくいかと。

 

 

 

では八白土星から特徴や星のイメージを

見ていきましょう。

《外面が頑固に見えるが内面は愛情深い》

 

八白土星は後天定位盤では

東北にあって季節は晩冬~初春にかけて

(1月・2月)です。

 

 

この時期は発芽してやっと

地上に出る寸前の状態です。

 

 

東洋の暦では新しい年に変わる節目です。

 

 

『八』は四方八方

この白は、終わりと始まりで白紙に戻る。

 

 

五行は、陰から陽に変化する『土』。

『宮』は艮宮(ごんきゅう)で、易では山を

表します。

家族で言うと三男。じっとして動かない

『動かざること山のごとし』です。

 

 

そこから、何かを積み上げる・蓄える

(真面目にコツコツ努力)特徴があります。

 

今回の余談ですが、この位置は鬼門です。

 

 

おおよその意味

一年で言うと節分のころ。

一年・季節の変わり目。土の中でも山。

 

 

 

 

良くすると

地味にコツコツ努力・節約貯蓄する。

大らかな印象、物持ちが良いなど

 

 

悪くすると

マイペースを崩さない・協調性に欠ける

孤立しやすい・頑固など

 

 

どうですか?イメージ出来ましたか?

まずイメージで理解していったほうが

覚えやすいと思います。

 

 

下にまとめてみました。

 

 

 

次回は三碧木星をお伝えします。

 

 

☝ https://osaka.hoshiyomido.com/blog/giboshi2021-10-23/

 

 

 

★11月28日(日)の大阪ほしよみ堂定例勉強会

九星気学で2022年の運勢の読み方を

開催します。

https://osaka.hoshiyomido.com/news/20211019-2/

☝ここをクリック

 

 

 

★12月11日(土) 19:00~21:00

九星気学セミナーを開催します。

 

九星気学を本格的に学ぶか悩まれてる方は

是非ご参加ください。

 

命占と卜占を両方占えて、開運法も伝えれる

占術。

https://osaka.hoshiyomido.com/news/20211018/

☝ここをクリック

 

 

もっと詳しく知りたい方は

九星気学実践講座へお越しください。😊

 

 

視点(目先)を変えれば

幸せが見えてくる!

 

毎週土曜日 大阪ほしよみ堂に出演しています。

Twitterやホームページにて随時お知らせしていきますね。

 

Twitter ☜クリック

Instagram ☜クリック

 

⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

☆大阪ほしよみ堂☆

〒530-0001

大阪府大阪市北区梅田1-1-3-200

(大阪駅前第3ビル2階 20号)

080-5670-8497

 

The following two tabs change content below.

戯暮思

私が道を開いて頂いたように、一人で悩まれている方の少しでもお役にたち、不幸や辛さも視点を変える事で一歩前進させて幸せに繋がる、そんなお手伝いをさせて頂きたいと思います。

最新記事 by 戯暮思 (全て見る)

 >  11月29日(月) 本日出演の先生

ページトップへ