占い師紹介

純白黒妃 先生 女の闇に光を照らすモノクロ占術師

得意な占術
占術、タロット、九星気学、数秘、紫微斗数、レイキ、ルノルマンカード
得意分野
相性、結婚、離婚、復活愛、略奪愛、不倫、縁結び、縁切り、年の差、遠距離、同性愛、三角関係、前世、金運、仕事、対人関係、家庭問題、子育て、運勢、開運方法
ブログ
twitter
ヴェルニで見る
先生のヴェルニページへ
私は親や周りの顔色を伺うことが
当たり前なのだと思って生きてきました。

自主的に伺っていたというよりも、
感覚でわかっていたと言った方が
良いのかもしれません。

今でこそ、
感受性が強すぎることが
原因だったのだとわかりますが、
自分の人生なのに自分の足で歩けない
「生きづらさ」は、
10代の私にとって足枷以外の
何物でもありませんでした。

ただ、いつも「誰かを助けなければいけない」
という強い思いに駆られていたので、
高校三年生の時に生まれて初めて
自分の意志で心理学を勉強することを決意。

大学ではカウンセリングを学び、
心だけでなく体を癒すことも大切だと考え、
大学卒業後にレイキヒーリングを習得。

現在はレイキと心の勉強のおかげで、
感受性の強さもコントロール出来るようになり、
本来自分のあるべき姿を取り戻しています。

そんな私が占い師の道を志したのは、
目に見えない力の存在を強く意識する出来事があったからです。

大雨の中、
傘をさして俯きながら歩いていた時のこと。
何となく後ろが気になって
振り返ってみたけれど誰もおらず、
再び歩き出そうと前を向いたその瞬間、
車が猛スピードで目の前を走り抜けていきました。

何度となく自分は守られている
と思った瞬間はありましたが、
このことをきっかけに、
自分の命は【誰かの助けのためにある】
と改めて自覚したのです。

その後、
欧米ではカウンセリングに
タロットを用いることがある
と知り本格的な勉強を開始させました。

今思えば、
私は生まれる以前から
この道を選ぶことを
決めてきたのだと感じます。

人生において経験してきたことに、
無駄なものはひとつもありません。

未来を切り拓くためにも、
まずは己を知り、
己を愛してあげましょう。

純白黒妃は
占いという道しるべを使って、
「あなたがあなたらしく、望む未来を掴む方法」
を見つけるお手伝いを致します。

 >  純白黒妃

ページトップへ